フロンの漏えい点検

平成27年4月~フロン排出抑制法が改正されました。

業務用冷凍空調機器などを利用されている会社・店舗・施設等において、管理者を決め、定期的にフロンの漏えいがないか、点検・記録を行うよう義務付けられました。

また、7.5KW以上の(圧縮機の定格出力が)機器については、資格者等の定期点検が別途必要となります。

 

管理者に求める点検(簡易点検・定期点検)の内容

点検内容点検頻度点検実施者
【簡易点検】
全ての第一種特定製品
(業務用の冷凍空調機器)
・冷蔵機器及び冷凍機器の庫内温度

・製品からの異音、製品外観(配管含む)の損傷、腐食、錆び、油にじみ並びに熱交換器の霜付き等の冷媒として充填されているフロン等の漏えいの徴候有無
・四半期に一回以上・実施者の具体的な制限なし
(上乗せ)
【定期点検】
うち、一定規模以上の業務用冷凍空調機器
・定期的に直接法や間接法による冷媒漏えい検査<定期点検>を実施。
・都道府県による勧告等の対象となる義務的点検
・7.5kw以上の冷凍冷蔵機器:1年に1回以上
・50kw以上の空調機器:1年に1回以上
・7.5~50kwの空調機器:3年に1回以上
・機器管理に係る十分な知見を有する者(社外・社内を問わない)

佐藤住設では、第一種冷媒フロン類取扱技術者1名、第二種冷媒フロン類取扱技術者3名がスタッフにおりますので、上記の資格者による点検が可能です。

もちろん、7.5KW以下の空調機の簡易点検の方法もアドバイスさせていただきます。

ご相談・お見積り、お問い合わせください。

詳細は環境省の下記ページでご確認ください。

フロン排出抑制法ポータルサイト

 

簡易点検について

弊社で工事させていただいたお客さまには、

順番にご案内をさせていただいております。

少しお時間を頂戴しておりますので、お急ぎの場合など、お手数ですがお問い合わせください。